苦痛の赤ちゃん用品選び…からの救世主

こんにちは。tsujiです。

 

前回の投稿では、自分の身体の変化について書きました。妊娠したらこうなるのかな。とは想像はしていましたが、想像以上の大変さに正直戸惑いました。

 

今回からは実家に里帰りしたことについて書きます。ご興味のある方、お付き合い頂けたら幸いです。

 

妊娠レポ④

住んでいた土地は比較的都会で、買い物や病院へ行くことに不自由はありませんでしたが、両親のいる地元に帰って出産することにしました。(めちゃくちゃ田舎です)

 

前にも申し上げましたが、主人は仕事の関係で遠くにいるため、里帰り出産のほうがなにかと安心と思った結果です。幸い実家の両親も快く承諾してくれました。

 

地元に帰るので、約6年勤めた仕事を辞めることになりました。

 

辛いことや大変なことももちろんありましたが、やりがいもあり、この仕事をやってきて良かったなと思えます。

 

なにより職場の皆さんが心優しく、時にトゲのある、愉快な方達ばかりで居心地良かったです。なのでとても寂しい気持ちになりましたが、出産を応援し、「次来るときは赤ちゃん連れてきてね!」と送り出してくれたことに感謝です。

 

 

仕事を退職し、その後実家生活が始まりました。

今まで忙しく働いてた分、なんだか時間が過ぎるのをゆっくり感じました。

 

そんなのんびりした私に、母親(おもちの祖母)が↓

「早めに姫の服とか肌着とか選んでおきなさいよー」

私「姫!?姫って??」

母「あ!赤ちゃんのことさ!」

 

まさかの孫フィーバーでした。私の姉にも子供がいるので初孫ではありませんが、母にとっては女の子はお姫さまなんだな~と(男の子だったら殿様!?)

世の中に、子供(女子)や孫のことを姫と呼ぶ人がいるという話は耳にしていましたが、身近な人からの姫発言には正直驚きました。でもそれとともに、可愛いおばあちゃんだな~と笑ってしまいました。

 

まずは服選びをします。

赤ちゃん用品や育児系の雑誌を読み漁り、疑問ばかりが出てきました。

 

子供用品、謎すぎ!種類多いし形も色々あるし、いくつ必要かもわからない!頭ごちゃごちゃパニック!

 

もちろん今まで子供産んだことないし、赤ちゃん用品の雑誌も読んだことない。

 

自分の服選びにすら時間がかかるのに…

きっと世のママさんは

「この服可愛い~!これにしよ!」とか

「これ便利そうだから買っとこう~」とか

楽しんで選んでいるのかなと思います。が、

そもそも、これがいい!とかいう欲もセンスもない私にとっては、この作業は苦痛でしかありませんでした。

 

見かねた母が「これいいんじゃない?」と勧めてくれた肌着やガーゼ、タオルなどのセットを見て即決!

 

これから赤ちゃん用品を買い揃える方で、私のように何が良いのかチンプンカンプンな方がいらっしゃったら、まずはセット物や売れ筋No.1!や、おすすめ!と書かれたものが無難だと思います。

 

あわあわテンパり過ぎてそんな最高の品物を見落としていました。この品を見付けてくれた母偉大。さすが人生の先輩。的確です。

 

肌着系はこれでよし!と安心。

でも他にも買い揃えないといけないものがまだまだあるので、再び雑誌をパラパラ…パラパラ…

 

そのまま夢の中へ…

この頃から、日中の突然の睡魔に襲われるようになりました。

 

Advertisement